研究者ナメてる人からみた人生ステップと実際との違い


研究者ナメてる人からみた人生ステップ vs. 実際に研究やってる人からみた人生の航路

世の中、やっぱり大学入試の存在感が大きすぎて、そこが全てになってますよね。
親族でも友人でもその他でも、大学院でも高校などと同じように先生に何かを教わるような「勉強」してると思われていて、何度説明しても「研究してる」ってことに対してイメージがわかないようだ。
やっぱり既存のものを習得することが全てで、自分で新地平を切り開くってことに対して全く想像がつかないんだろうな。

コメント